無印良品のカタログ「2016秋冬」

広告

無印良品店舗で無料配布されているカタログ、「2016秋冬」をゲットしました。2016年9月現在、最新のカタログです。

無印良品のアイテムは7,000品目以上

無印良品のアイテムは、7,000品目以上と言われています。そのなかで、自分に必要なアイテムにたどり着くために、私は3つの方法を使い分けています。

自分に必要な無印アイテムにたどり着く3つの方法とは

  1. 店舗へ行く
  2. ネットストアを見る
  3. カタログを読む

この3つをフル活用しています(テレビや雑誌の特集も参考になりますが、今回は無印良品が発信しているものだけで考えます)。

使い分け方

店舗、ネットストア、カタログは、それぞれに強みがあります。強みを組み合わせることで、自分に必要なアイテム探しに役立ちます。

① 店舗へ行く

店舗の最大のメリットは、実際に見て触れて確認できること。そして、聞きたいことをすぐに相談できること。特に、衣類や寝具を買うときは、店舗で色や肌触りを確かめて、納得したうえでお買い物ができます。

② ネットストアを見る

ネットストアは、新商品やお買い得商品など、最新情報をチェックしやすく、調べたいことに手早く到達できるのが魅力です。ネットストアで気になったものは、店舗で見て、買うかどうか決めています。

無印良品ネットストア

③ カタログを読む

新生活で必要なものを揃えるとき、引っ越しで揃え直すとき、役立つのはカタログです。

私は引っ越しを機に、無印良品で揃え直したのですが、カタログは手放せませんでした。カタログで欲しいなと思ったものを店舗で見たり、ない場合は取り寄せてもらいました。

IMG_20160506_01

買うものが決まっていれば店舗やネットストアだけで十分ですが、「こういうもの、無印良品にないかな」って探したいとき、カタログは必需品です。

パラパラと流し読みできて多くの情報が入ってくる、あの感覚は紙のカタログならでは。

無印良品ネットストア




広告
follow us in feedly