酢でシールをとる

広告

無印良品「耐熱ガラス マグカップ」の底についている丸いラベルシールがとれませんでした。そこで、酢をしみ込ませたコットンをシールの上に置き、ラップをかけてしばらく置いたところ、見事キレイにとれました。

マグカップのラベルシールがとれない

無印良品のラベルシールの多くは簡単にとれますが、たまに粘着部分が残るものがあります。今回買った「耐熱ガラス マグカップ」のラベルシールはとれにくいものでした。

シールに酢をつけ置き

以前から、シールは酢につけるととれると聞いていたので、ラベルシールの上に無印良品の「生成カットコットン」を1枚のせて酢をしみ込ませました。それだけだと乾燥しちゃうので、ラップをかけました。

(↓コットンの表面にある黒い斑点は天然の綿実の殻。無漂白のコットンです)

IMG_0091

ラベルシールがキレイにとれた!

何時間待てばいいのかわからなかったので、とりあえず3時間置いてみました。すると、驚くほどあっけなくとれました。まるで最初から何もしなくてもとれたんじゃないかと思ったほど。

IMG_0092

マグカップのシールをはがすのに、口に入っても大丈夫なお酢でとれるのはありがたい。安いですしね。

無印良品「耐熱ガラス マグカップ」はないと困る存在

ただ、「耐熱ガラス マグカップ」のラベルシールは、すべてとれにくいわけではなくて、とれなかったのは初めてです。というのも、我が家の「耐熱ガラス マグカップ」は3個目なのです(実は2回割っています)。

このマグカップは電子レンジで使えるので、すぐに温かいお茶が飲めますし、飲み物の色も楽しめるので、ないと困るんです。割らないように気をつけてますが、割ってもまた買うと思います。

IMG_0018


耐熱ガラス マグカップ 約360ml




広告
follow us in feedly