喜びや悲しみがダイレクトに伝わってくる『大泉エッセイ 僕が綴った16年』

広告

笑いがおさまるまで次へ進めない。
先を読みたいのに涙が邪魔をする。

目で追った文字が、大泉洋さんの声で聞こえてくるかのような『大泉エッセイ 僕が綴った16年』。

迷っているなら買って損はなし

『大泉エッセイ 僕が綴った16年』の文庫版が、2015年4月25日(土)に発売されました。

文庫化にあたって新たな書き下ろしが加わり、2年増量の18年分のエッセイになっています。しかも、400ページ近くあって読みごたえも十分!

迷っているなら買って損はなし。

img00147

北海道でも知る人ぞ知る存在だった頃

1997年、大泉さん24歳。「やあ、大泉洋です。大きい泉に太平洋の洋です。」と自己紹介からエッセイが始まります。

HTB「水曜どうでしょう」が1996年に始まって、北海道でも知る人ぞ知る存在だった頃です。

文庫版には、24歳から42歳までの大泉さんがいます。

喜びや悲しみがダイレクトに伝わってくる

北海道、そして全国的に人気となっていく大泉さんが、どのような日々を送っていたのか。

大泉さんが綴る情景は、見たことも行ったこともない場所なのに、まるでその場にいるかのような感覚。そして、その情景が自分の記憶かと錯覚するような描写。

文字を追うと、頭の中に映像がと次々と浮かんできて、大泉さんの喜びや悲しみがダイレクトに伝わってきます。

厳しい世界を生き抜いているからこその言葉

『大泉エッセイ 僕が綴った16年』には、厳しい世界を生き抜いている大泉さんだからこその言葉がたくさんありました。その中でも、特に紹介したい言葉があります。

“私という奴” は、「前向きに生きることが全てだ」 と思っている。人生において自分に起きることは全て必要だと思っていて、その時その時の自分の判断は、全て正解だと思っている。どんな選択も自分が下したなら、それは正解だと思っている。いや思うように努力していると言う方が、正確だろうか。

引用 : 『大泉エッセイ 僕が綴った16年』 P356

人生は選択の連続で、判断したあとも自問自答が続くことがあります。

「自分の判断は全て正解」と思って、そう思うように努力して、不安や迷いを断ち切っておられるのでしょう。仕事に対する覚悟を感じました。

どんなときもどんな自分も肯定すること。前向きに生きること。自分を信じること。

本を読み終わったとき、そう教えられた気がしました。

somo
この本は声出して笑っちゃうから、読む場所に注意しましょう(笑)

文庫版『大泉エッセイ 僕が綴った16年』
Amazon.co.jp
楽天ブックス

一番くじ「水曜どうでしょう」のグレーリング飯を作って食べた

2016.04.10



広告
follow us in feedly