【購入レポ】 SONY BRAVIA KDL-46W900A と BDZ-ET2100

広告

2014年1月、DVDレコーダーが突然壊れました。レコーダーの高画質を最大限活かすためテレビも同時に買い替えることにしました。テレビとレコーダーの買い替えは、およそ10年振りです。大きな買い物なので、売り場でも悩みましたが、SONYで揃えました。

テレビ選びは、最終的に「好み」

テレビ選びは、最終的に 「好み」 です。色々と調べて、売り場に行って悩んで、SONY BRAVIA KDL-46W900A に決めたあとにそう思いました。

テレビ売り場では、テレビの台数分の音が出ているので、どれがいい音なんだろうと聞き比べるのは物理的に難しいです。

画面は、同じ番組が流れているのを見比べて、好きな映りのメーカーはどれか?で決めました。何度も見比べているうちになんとなく、自分の好みの画面がわかってくるので、いろんなメーカーのテレビを見比べてみるのがおすすめです。

事前に決めておいた方がよいこと

事前に決めておいた方がよいことは、テレビの大きさとメーカー、予算です。候補をいくつか絞っておくと、選ぶときにすごく楽です。私は、2社までメーカーを絞って家電量販店に行きました。買う前にネットでかなり調べましたが、それでも決めるまで1時間半くらいかかりました。

ソニーストア 「失敗しないテレビ選び」icon

実際に、家電量販店に足を運んで、選んだ方がわかりやすいです。例えば、チャンネルを変えたときの画面表示や反応速度はメーカーごとに違います。一度は試した方がいいです。

SONY BRAVIA KDL-46W900A

img17

SONY BRAVIA KDL-46W900A
税込 154,800円 (2014年1月購入時)

角度によって外枠のフチの色が出ます。

img21

ソニーストア 「テレビ ブラビア」icon

SONY BDZ-ET2100

テレビが SONY に決まったので、ブルーレイディスクレコーダーも SONYにしました。

img18

BDZ-ET2100
税込 89,800円 (2014年1月購入時)

ソニーストア 「BDZ-ET2100」icon

2TBと大きな容量なので、録画画質を気にせず画質を落とさず録画できるのが良かったです。買ったばかりの頃は、録画画質が良すぎて、リアルタイムで放送されている番組と見間違うほどでした。3番組同時録画できます。

3番組同時録画は、テレビ好きにはなくてはならない機能です。今は、地上波だけではなく、BS、CSもあるので、同時間帯に面白い番組が重なるんです。お正月、ゴールデンウィークなど連休は特に重なります。フル稼働しています。

リモコンを交換しました

購入してまもなく1年という時期に、テレビの音量が勝手に大きくなったり、チャンネルが勝手に変わるという怪奇現象が起きるようになりました。メーカーの方が来て調べていただいたところ、どうやらテレビではなく、レコーダーのリモコンの誤作動ではないか、ことでした。

しかも、このレコーダのリモコンは誤作動する場合があり、無償交換の対象となっていたことがわかりました。

製品に関する重要なお知らせが出ています。

ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-ET2100/ET1100/EW1100/EW510/E510」ご愛用のお客様へ付属リモコンの無償交換のお知らせ

リモコンの無償交換は、2015年9月30日まで。

レコーダーのリモコンは、右です。

img19

ソニーストア

念のため、テレビとレコーダーの両方のリモコンが交換となりました。そのあとは、問題なく使えています。レコーダーのリモコンの誤作動で、テレビに影響が出た、とは驚きました。全く予想もしなかったです。

使っていないリモコンは、電池を必ず抜いた方がいいそうです。電池の液漏れの原因にもなりますし、使っていなくても電池が入っていると信号を出すみたいなので、引き出し等にしまうときは電池を抜いたほうがいいようです。

ソニーストアのクーポン

My Sony Club新規会員登録特典

ソニーストア




広告
follow us in feedly