ウイルスバスター、更新期限が来たらどれが一番お得か

広告
somo
この記事は、ウイルスバスターの更新期限が近づいた方向けです。

ウイルスバスターの更新期限が近づいたら、「契約更新手続き」ではなく「新規購入」してもいいんです。「契約更新手続き」「新規購入」のうち、そのときの一番お得な方法を選ぶのがおすすめです。


以下、記事作成時の情報のため、ご利用の際は最新の情報をご確認くださいますようお願いいたします。

更新期限が来たら「新規購入」もアリ

ウイルスバスターの更新期限の最終日に、公式ストアで「ウイルスバスター クラウド ダウンロード3年版」を購入しました。

更新期限の最終日だと、新規購入のキャンペーンの方がお得です。契約更新手続きではなく新規購入しました(シリアル番号が変わるだけ)。

「新規購入」「契約更新手続き」について補足

話をわかりやすくするために、「新規購入」「契約更新手続き」について補足します。


新規購入
契約更新手続きではなく新しく購入すること(新しいシリアル番号になる

契約更新手続き
契約更新手続きをする(更新前とシリアル番号が変わらない

somo
シリアル番号は「xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx」という半角英数で形成された20桁の番号のことです。

「新規購入」「契約更新手続き」の違い

「新規購入」か「契約更新手続き」かで違うことは、シリアル番号が変わるかどうかです。

契約更新手続きではなく新規購入をした場合の注意点

更新期限を迎えて、契約更新手続きではなく新規購入をした場合、メイン画面でのシリアル番号の入れ替えではなく、購入後のメールに記載されているURLからインストールし直した方が確実です(インストールは、ライセンス契約有効期間満了後にします)。

更新前が古いバージョンだと、シリアル番号の入れ替えだけでは古いバージョンのまま引き継いでしまうので注意が必要です。

ウイルスバスターのキャンペーンについて

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

ウイルスバスターのキャンペーンは、基本的に「ダウンロード3年版」に対するキャンペーンです。大きく分けて2つ、「新規購入者向け」と「更新者向け」です。

新規購入者向けキャンペーン

新規購入者向けのキャンペーンは、こちら。

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

詳細はこちら 3年版ダウンロードで2ヵ月無料

更新者向けキャンペーン

更新者向けのキャンペーンは、公式ストアからのDM(ダイレクトメール)で案内されている「早得キャンペーン」(DM限定)です。

「早得キャンペーン」の期間中であれば、新規購入者向けのキャンペーンより条件が多少いいので、お持ちの方はDMをご確認ください。支払いは払込票決済(コンビニ・ゆうちょ)です。

DMに記載されているキャンペーン期間が終了すると、無料延長期間が変わるので注意が必要です。

「早得キャンペーン」を逃して、更新期限ぎりぎりのときは、新規購入者向けのキャンペーン(3年版ダウンロードで2ヵ月無料)で買った方がお得です(私もそうしました)。

どれが一番お得か

結局、どれが一番お得かは、購入を考える時期で変わります。1日あたりのコストは、3年版ダウンロードが一番お得です。

3年版ダウンロードの「新規購入」を第一優先に、トレンドマイクロ(公式サイト)、アマゾントレンドマイクロ直営 楽天市場店の価格チェックをおすすめします。

私の知る限り、Amazon最大のセール「プライムデー」(プライム会員限定セール)と、JAF会員優待のキャンペーンは狙い目です。


2016年のプライムデーは、2016年7月12日(火)午前0時~でした。

「プライムデー 2016」の特設サイト

そもろん
JAFには「JAF会員限定特別価格」があります。「JAFナビ トレンドマイクロ JAF会員専用ページ」をぜひご確認ください。会員限定ですので詳細は差し控えますが、キャンペーン期間中であれば一番お得になるかも。

楽天ポイント10倍!

詳細はこちら トレンドマイクロ直営 楽天市場店




広告
follow us in feedly