家電量販店で片っ端から試して選んだマウス

広告

パソコンに付属されていたマウスがスクロールしなくなり、すごく不便なので新しいマウスを買うことにしました。

家電量販店で片っ端から試して一番良かったのが「マイクロソフト Bluetooth Mobile Mouse 3600」です。

「マイクロソフト Bluetooth Mobile Mouse 3600」を選ぶまで

マウスは、数百円から1万円以上とピンキリです。どう選ぶものか困ってしまいました。

まずは、マウスの売れ筋ランキングを参考に、家電量販店で自分の手になじむマウスを探していきました。

amazonマウスの売れ筋ランキング

しかし、ピンとくるものがありませんでした。

somo
ちなみに1万円以上のマウスは、3台のパソコンを切り替える機能などハイスペック過ぎて、早めに候補から外れました。

そんなとき、売り場でマイクロソフトのマウスを見つけて、高いデザイン性に心惹かれました。

マイクロソフト Bluetooth Mobile Mouse 3600

売り場にあるだけのマウスを試した結果、マイクロソフトのマウスが手になじみ、デザインも群を抜いて良かったです。

色はブラックにしました(ブラック、ブルー、ダークレッドの3色展開)。

しかも、クリック音がカチカチしません。

夫に見せたら、「使いやすい!同じの買う!」と言っていました。そうでしょう、わたし全力で探しましたもの。

amazonマイクロソフト Bluetooth Mobile Mouse 3600

マウスの選び方

最後に、まとめ。

マウスを選ぶにあたって、まずは有線か無線(ワイヤレス)かの2択です。

私が今まで使っていたのがワイヤレス(USBレシーバー式)で、作業がしやすく便利だったため、今回もワイヤレスにしました。

ワイヤレスには2種類ある

ワイヤレスには、USBレシーバー式とBluetooth式の2種類あります。どちらも電池で動きます。

USBレシーバー式

マウスの横にあるのが、レシーバー(受信機)です。

マウスの大きさと比較しても、レシーバー自体はとても小さいです。

Bluetooth式

Bluetooth式はパソコンとマウスをBluetoothで接続(ペアリング)します。レシーバーは必要ありません。

今回買った「Microsoft Bluetooth Mobile Mouse 3600」は、Bluetooth式です。Bluetooth式のマウスをはじめて使ってみて、レシーバーなしがどれだけ身軽かを知りました。正直、大差ないと思っていたのに全然違います。

3年保証付き!ぜひお試しを!

amazonマイクロソフト Bluetooth Mobile Mouse 3600




広告