炊飯器の蒸気もれ対処法

炊飯器のパッキン交換

圧力IHジャー炊飯器の蒸気もれで、炊き上がりのたびに内釜のまわりが水浸しになります。

蒸気もれの原因の一つとして、内ぶたパッキンが関係するようです。

そこで、楽天市場で内ぶたパッキンを1,080円(税込)で購入し、自分で交換したところ、炊飯器が見事に復活しました。

パッキンだけ売ってた!

炊飯器自体は壊れていないようなので、「どこかで内ぶたパッキンだけ売ってないかな」と探したら、でん吉(楽天ショップ) さんにありました。

炊飯器の説明書を読むと、炊飯器のパッキンは消耗品なんだそう。

somo

我が家の炊飯器はSANYOですが、でん吉(楽天ショップ)さんは他メーカーの消耗品も揃っています。

楽天市場でん吉(楽天ショップ)

1,080円(税込)だった

内ぶたパッキンは、1,080円(税込)。

内ぶたパッキンは1,080円(税込)

楽天市場サンヨー炊飯器 内ブタ用のパッキン

しかも、「内蓋パッキン交換手順書」がついてました!!

内蓋パッキン交換手順書

手順書どおりにすすめれば交換自体は数分

「内蓋パッキン交換手順書」は代表機種の画像で説明されています。

内蓋パッキンと交換手順書

「取付ネジを対角で交互に締付ける」などとポイントが書いてあるので、手順書どおりにすすめていけば難しくありません。

交換作業自体は数分だと思います。

somo

私は取付ネジなど内ぶたを念入りに洗いながら行ったので、時間がかかりました。

蒸気もれは解消

内ぶたパッキンを交換後、炊飯器に取り付けると、ふたがしっかりと密閉されている手ごたえがありました。

ご飯を炊いてみたところ、蒸気もれは解消されました。もちろん、炊けたご飯も格別です。

1,080円で炊飯器が直るなんて、本当にありがたいことでした。

家電の消耗品なら「でん吉」

でん吉さんで炊飯器の消耗品を買うのは、2回目です。

前回は、負圧パッキンが壊れて交換しました。炊飯器の説明書によると、負圧パッキンは付けないと圧力がかからない、というほどの大事なパーツのようです。

そんな生命線のようなパーツが216円(税込)だったんです。炊飯器の買い替えをせずに乗り越えられました。

家電の消耗品が10,000アイテム以上

でん吉さんには、フードプロセッサーやオーブンレンジ、コーヒーメーカーの消耗品もあります。

さまざまな家電の消耗品が10,000アイテム以上あるそうなので、一度覗いてみては。

楽天市場でん吉(楽天ショップ)

そもぴよ

消耗品の交換だけで直るのであれば、買い替えより安くすむかも。
Amazonにも、炊飯器用交換部品があります。
 
Amazon炊飯器用交換部品の売れ筋ランキング

2016年に買い替えました

炊飯器のパッキンを2回交換し順調に使えていましたが、操作パネル(液晶部分)が水蒸気で曇るような状態が続いて買い替えました。

残念ながらSANYOの炊飯器はないので(2011年に完全生産終了)、SANYOの技術を引き継いだPanasonicの炊飯器(圧力IH式おどり炊き SR-PA105-W)を買いました。

somo

2017年8月現在、新しいモデルは「SR-PA107-W」です。
グレーリング飯とプシューonちゃん
一番くじ「水曜どうでしょう」のグレーリング飯を作って食べた
タニタ食堂のお茶碗
非公開: タニタ食堂のお茶碗