ワコールで40年以上売れ続けているデイリーショーツ

広告

ワコールには、2012年12月に売上累計1億3千万枚を突破し、2013年に発売40周年(2016年で43周年)を迎えたロングセラー商品があります。それは、「ディアヒップショーツ」という、デイリーショーツです。

40年以上長きにわたって売れ続けているということ。新しい商品が次々と発売されるなか、残り続けるということは、それだけの力をこの商品は持っているのでしょう。

合う合わないはあっても、知ってて損はありません。

すべての年代の女性に伝えたい「ディアヒップショーツ」

私が「ディアヒップショーツ」を知ったのは、2013年。まさに「発売40周年」とワコールのサイトで紹介されていたのを見てです。

何が驚いたかって、発売されてから40周年の間に一度も接点がなく、商品を全く知らなかったこと。売上累計1億3千万枚も、私にとって相当なインパクトでした。

何が違うのか知りたくなったのです。

何が違うのか

たいていのデイリーショーツは、時間が経つと生地が少しずつ伸びていくので、体を動かしたときに時間差で生地が動くようになり、下着による肌への摩擦になっていました。それが、私にとっては着用時の不快感、かゆみにつながるのが悩みでした。

絶妙なフィット感

「ディアヒップショーツ」は、ゆるすぎず、きつすぎず絶妙なフィット感なので、体を動かしたときにショーツの生地が体と同時に動きます。何度洗濯しても変わりません。この体へのフィット感の良さは最後まで続くんですよ。これって本当にすごいことです。

そして、フィット感からくる暖かさがあります。特に暖かくなる機能はついていないので不思議なのですが、ショーツの生地が体の動きと同時に動くので、熱を逃さないのかな。

素材

そのフィット感を生み出している素材がこちら。

素材

身生地:指定外繊維(テンセル)41%、綿33%、ナイロン24%、ポリウレタン2%
レース部:ナイロン、ポリウレタン

somo
指定外繊維とは、新しく発明された繊維で家庭用品品質表示法で定義されていないものだそう

素材を見たときに

somo
綿100%じゃないんだ
と思ったのですが、オーガニックコットン100%のショーツでも合わないのがあるので気になりませんでした。綿100%のショーツをお探しの方もいらっしゃると思ったので念のため。

もしかしたら、デザインや色で敬遠する人もいるだろうと思います。正直言って、私も洗濯して干したショーツが並んでいるのをみたときは、祖父母の家に行ったかのようなデジャヴ感がありました(CB、PI、SGの色は特に)。10代や20代は嫌だっていうかもしれないです。

でも、人間は体調の良いときばかりではないので。体調が悪いときは、身に付けるものからのストレスが普段より大きく感じます。そういうときは、おしゃれな下着である必要はないでしょうし。

somo
履き心地の良さを知ったら気持ちも変わると思います

他の色や形もあるので、その中でお気に入りがあれば。

私にとっては、すべての年代の女性に伝えたいデイリーショーツです。特に、女の子のお子様がいらっしゃる方にお伝えしたかったのと(大人サイズのショーツが必要になったとき)、ご家族が入院するときにご用意されるショーツとしてもおすすめです(もちろん、入院内容によってはですが)。

履き心地の良さでは、これ以上の商品を私は知りません。かれこれ3年近く愛用しています。

ただ、合う合わないがありますので、ご自身で一度お試しになっていただければと思います。

somo
ショーツの後ろにタグがついているのですが、気になる方はぎりぎりでハサミで切ると気にならなくなります。

これは、私がよく買っている「ディアヒップ<特別価格> ショーツ3色セット」です(【ワコールウェブストア】ワコール直営の公式下着通販サイトで販売)。

IMG_0086

1枚からも販売しています。

【ワコール】夏のクリアランスセール開催中!最旬ブラも今がおトク♪

40周年のスゴさ!ワコールのディアヒップショーツ

2014.02.27



広告