炊飯器の蒸気もれ対処法

炊飯器のパッキン交換

圧力IHジャー炊飯器でご飯を炊くたびに、蒸気もれで内釜のまわりが水浸しになりました。

蒸気もれの原因の一つに「内ぶたパッキン」が関係するようです。

でん吉 楽天市場店で「内ぶたパッキン」を1,080円(2014年購入時・消費税8%)で購入し、自分で交換したところ、蒸気もれが解決しました。

somo

でん吉には、各メーカーの炊飯器の消耗品(パッキンや内蓋、内釜など)が揃っています。

でん吉(公式ショップ)はこちら

そもぴよ

いろんな家電の部品もあります!

蒸気もれが1,080円で直った!

最初は炊飯器の故障だと思いました。

でも、炊飯器のふたが密閉されている手応えがなく、内ぶたパッキンの劣化が気になりました。

説明書を読むと、炊飯器のパッキンは「消耗品」で適時交換する必要があるものだったのです。


パッキンだけ売っていた

炊飯器自体は壊れていないようなので、「どこかに内ぶたパッキンだけ売ってないかな」と探したら、でん吉 楽天市場店にありました。

内ぶたパッキンは1,080円(2014年購入時・消費税8%)でした。

「内ぶたパッキン」が届いた様子

届いた「内ぶたパッキン」

購入した内ぶたパッキン

内ぶたパッキン(でん吉 楽天市場店)

交換手順書付き

購入した「内ぶたパッキン」には、交換手順書が付いていました。

交換手順書は、文章と写真でわかりやすく説明されています。

同封の「内蓋パッキン交換手順書」

同封の「内蓋パッキン交換手順書」

交換自体は数分

交換手順書には、「取付ネジを対角で交互に締付ける」などポイントが書いてあるので、はじめてでも難しくありません。

交換作業自体は数分だと思います。

炊飯器のパッキン交換

手順書どおりにすすめていけば難しくない

somo

私は取付ネジなど内ぶたを念入りに洗いながら交換作業をしたので時間がかかりました。

蒸気もれは解決

内ぶたパッキンを交換後、炊飯器のふたがしっかりと密閉されている手ごたえがありました。

ご飯を炊いてみたところ、蒸気もれと内釜のまわりの水浸しはなくなりました。

somo

炊飯器の買い替えをせずに、1,080円で乗り越えられました!!

さらに詳しい話

でん吉で、炊飯器の消耗品を買うのは2回目です。
 
前回は「負圧パッキン」が壊れて交換しました。
 
炊飯器の説明書によると、負圧パッキンは付けないと圧力がかからないというほどの大事なパーツ。
 
そんな生命線のようなパーツが210円(2011年購入時・消費税5%)でした。
 

 
負圧パッキン(でん吉 楽天市場店)

そもぴよ

炊飯器のパッキンは適時交換の必要ありです。

家電の消耗品なら「でん吉」

でん吉には炊飯器のほか、フードプロセッサーやオーブンレンジ、コーヒーメーカーの消耗品もあります。

さまざまな家電の消耗品が10,000アイテム以上あるそうなので、一度覗いてみては。

でん吉(公式ショップ)はこちら

そもぴよ

いろんな家電の部品もあります!

番外編:ドラム式洗濯機のドアパッキンの場合

洗濯機のドアパッキンが外れたときも、自分で交換しようと思いました(炊飯器のパッキンを自分で交換したので)。

でもドアパッキン自体がネットショップで見つからず、交換方法などの情報も少なく、「もしや自分で交換するレベルではないのかも」と修理を依頼しました。

業者さんの作業工程を見ていると、ドアパッキン交換は洗濯機を分解しながらの大がかりで、ドアだけを外してできるものではありませんでした。

somo

自分で交換していて「洗濯機を元に戻せなくなった」と修理依頼をする方も多いそうです。

こちらもおすすめ

Amazonの「延長保証プランについて」をみる