シリコーン調理スプーンのカレーのニオイ取りに丸一日格闘した結果

広告

シリコーン調理スプーンについたカレーのニオイ、本当に取れないですよね。カレーを作った後に、すき焼きもどきを作り、シリコーン調理スプーンで味見をしたら、カレーができたかと思いました。

そこで、ニオイを取るべく丸一日格闘した模様をお伝えします。

情報がなかなか見つからない

まず、ネット検索で「シリコーン調理スプーンのカレーのニオイの取り方」を調べてみました。シリコンスチーマーのニオイ取りだったら見つかるんですが、スプーンになると見つかりません。

シリコンスチーマーのニオイ取りを参考にして、重曹や酢を使ってみても、2~3時間つけ置きしても・・・カレーのニオイしかしません。

そもぴよ
さあて、困った。

無印良品に問い合わせてみた

あとは塩素系漂白剤しかないと思いましたが、確か使えないと書いてあったはず。

念のために無印良品に問い合わせてみたところ、やはり「塩素系漂白剤は使えない」と言われました。

そこで、勇気を出して聞いてみました。

そもぴよ
何か対処法があったら教えてください!

2つ方法があるそうです。

  • 5分間煮沸
  • お湯1リットルに重曹大さじ1と酢大さじ1でつけ置き
somo
シリコーン調理スプーンの耐熱温度は、持ち手(ナイロン)で180℃先端(シリコーンゴム)250℃です。

しかし、2つともすでにネットで調べて試した方法でした。カレーのニオイ取りは無理なのかなと諦めモードです。

でも、先ほどより、つけ置き時間を長くしてもう一度やってみることにしました。

カレーのニオイは消えた?けど・・・

5時間後。少しニオイが取れた気がするけど、もうこれ以上無理な感じ。あきらめて、ソーセージをシリコーン調理スプーンで炒めはじめました。

すると、なんと!!・・・カレーのニオイは消えて・・・ソーセージの炒めたニオイにかわりました(笑)

カレーのニオイが残っているよりは許容範囲ですが、私の場合はこんなオチでした。

もし、カレーを作ったあとすぐに対処したら違ったかもしれませんよね。今後はすぐに、5分煮沸 or つけ置きしようと思います。

somo
完全にはニオイは取れませんでしたが、ニオイは軽減されるので、つけ置きして良かったです。

シリコーン調理スプーンは使い勝手が最高なので、今や欠かせない存在です。

無印良品耐熱温度の高いシリコーン素材を使った、調理や取り分け時に役立つシリコーン製のスプーンです。

シリコーン調理スプーン 長さ約26cm

無印良品SALE

ロハコモールの無印良品

アスクルの個人向けネット通販「LOHACO」(ロハコ)には、無印良品など人気ブランドが出店しているロハコモールがあります。

LOHACOは、1,900円(税込)以上のお買い物で送料無料です。

詳細はこちら無印良品(LOHACO)

そもぴよ
ロハコモール内の無印良品では、無印良品週間の適用外のようです。また、無印良品の商品すべてを取扱ってはいないようです。



広告