無印良品「綿混シール織毛布」買わない理由が見つからない!

無印良品「綿シール織毛布」(2016年購入)

「綿の毛布?」
「シール織って何?」
「毛布って冬だけじゃないの?」

無印良品「綿混シール織毛布」を見たときに、次々と疑問が沸いてきました。

疑問が解けたときには、買わない理由が見つかりませんでした。

  • 2019年現在、色は生成(きなり)のみ。ブラウンは販売していません。
  • サイズはS(シングル)とD(ダブル)

オールシーズン使える毛布

無印良品で、夏の掛布団を探していました。

タオルケット一枚だと寒い、いつもの掛布団(無印の羽毛掛ふとん)だと暑い、そんなときに使えるものが欲しくて。

無印良品には、こんないいものがあったんですね。

オールシーズン使える「綿混シール織毛布」です。

無印良品「綿シール織毛布」(2016年購入)商品タグと洗濯ネーム

無印良品「綿シール織毛布」商品タグと洗濯ネーム(2016年購入)

そもぴよ

2016年購入時の商品名は「綿シール織毛布」でした。

メイドインジャパン、昔ながらの製造方法

無印良品「綿シール織毛布」(2016年購入)

無印良品「綿シール織毛布」(2016年購入)

綿混シール織毛布」は、メイドインジャパン。

昔ながらの製造方法で作られている、綿の毛布です。

日本の中でも和歌山県の高野口地区だけで、昔ながらの製造方法で作られているシール織りの毛布です。両面にパイルが現れる織組織で、パイルが抜けにくく、洗濯後も風合いの変化が少ないのが特長です。

引用:無印良品ネットストア「綿混シール織毛布」

家で簡単に洗濯ができるので、気になったときに気軽に洗えて、いつでも清潔さを保てます。

綿の毛布は、静電気が苦手な方におすすめです。

無印良品「綿シール織毛布」(2016年購入)独特の光沢感

色はブラウン、独特の光沢感がある(2016年購入)

somo

ちなみに「シール織」とはSEAL(アザラシ)の毛皮のようにふわふわとした風合いの織り方、だそうです。

こんなにすごい毛布なのに

「無印良品で毛布を買うならどれ?」と聞かれたら、迷わず「綿混シール織毛布」と即答します。

綿の毛布は吸湿性が優れているので、余分な湿気がうまい具合に抜けてムシムシすることもありません。

布団内温度が上がり過ぎないので快適に眠れます。

肌触りがよくオールシーズン使えて、冬でもメインの毛布です。

こんなにすごい毛布なのに、2017年から色が生成(きなり)だけになりました。

以前は3色展開(生成、グレー、ブラウン)だったのに。

色が減るのは、商品のよさを知らない人が多いのかもしれません。

商品自体がなくなりませんように。

\公式ネットストアはこちら/

 
無印良品「バスタオル」薄手・中厚手・厚手 無印良品のバスタオルの厚さで迷ったときは、いいとこ取りの「中厚手」 無印良品「洋服ブラシ」とラグ(2017年購入) 無印良品「洋服ブラシ」が690円、どれほどお得なことか 無印良品「ボアルームブーツ」(2017年購入) 無印良品の「ルームブーツ」は歩く床暖 無印良品「福袋2017」の『ファブリックス』届いた様子 無印良品「福袋」の開催内容(過去5年分・2015 – 2019)